t0zawa’s blog

写真・旅行・日常生活

色合いが綺麗な葉は甘野老(アマドコロ)

みなさん、こんばんは。

 

 

昨年投稿させて頂いた色合いが綺麗な葉。

葉柄がとても素敵でしたが植物の名前がわからないままでした。

 

t0zawa.hatenablog.com

 

可愛らしい花も咲き始めた甘野老(アマドコロ)。
昨年は花が枯れていたので、今年は見れて良かった。

 

花のおかげで植物の名前も知ることができたので嬉しいです。

 

ただ、似ている植物に鳴子百合(ナルコユリ)も存在し、どっちなのか困惑しました。

 

 

甘野老(アマドコロ)

別名は鳴子蘭(ナルコラン)。

 

キジカクシ科(クサスギカズラ科)でナルコユリ属(アマドコロ属)。

 

 

花言葉

甘野老(アマドコロ)の花言葉は、

「元気を出して」、「心の痛みの分かる人」、「小さな思い出」など。

 

 

鳴子百合(ナルコユリ)との違い

  • 葉の違い。鳴子百合(ナルコユリ)の葉は細長い。
  • 花の数。甘野老は1から2個、鳴子百合は2から5個。
  • 花の付け根が違う。鳴子百合の付け根には緑色の突起がある。

 

最後の一枚は昨日撮った雨の滴。

この葉っぱに残る滴がいつも輝いていて、とても好きな滴です。

 

 

 

 

 

色合いが綺麗な葉は甘野老(アマドコロ)でした。

 

 

 

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

感謝です。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村